そば米を使った菓子「阿波おこし」で町おこしを

藤本 晋也さん (日本料理味匠 藤本)
(東みよし町)

東みよし町にある日本料理味匠  藤本の料理長 藤本 晋也さんが

地元の食材であるそば米の魅力を発信するため『にし阿波名物 阿波おこし』を開発しました。

『にし阿波名物 阿波おこし』はそば米をパフ状にして黒糖と水あめ等の蜜で固めたもので

おこしのザクザクとした食感が楽しめます。

大阪の料亭や京都のホテルなどで経験を重ねた藤本さん。食材の味と香りを活かした商品は

「そば米を新しい形で食べられる」と人気です。

おこしは機械で作るのが難しいため、ひとつひとつ手作りされています。

そば米の水分量や 気温、湿度により蜜の煮詰め具合が変わるそうです。

「そば米やにし阿波の傾斜地農法を知ってもらうきっかけとして、阿波おこしを手にとってもらいたい」

と藤本さんは話していました。